インテリアデザイナーのひとりごと

美しさと汚らわしさとの接点


人間から美しいものと汚らわしいものが発生します。

この源は人間自身の行為、行動、それを裏打つ考えになります。

我々が日常生活において目にしている美しいものと汚らわしいものは

すべて、我々の考えが源泉となっているのです。

ですので、美しいものと汚らわしいものの接点を考える場合に大切なことは、

自分自身の考えを整理するべきであるということです。

その接点は自分自身の中に存在しているのですから。

そのことすらもよく分からないまま、

人の汚らわしい点を見つけては、

それを問題とするようなことは蛮行と言ってもよいのではないでしょうか。

このページの上に戻る