インテリアデザイナーのひとりごと

晴天の日、雪の日


晴天の日には空を見上げ、雪の日にもまた空を見上げましょう。

上には美しいものしかないのです。

これは日常生活とは大きく異なる世界です。

それがすぐ我々の頭上にあるのです。

これを見上げることが身近な最大の癒しなのです。

このことが分かったら雨の日と曇りの日も上を見上げましょう。

そこにも実は、美しいものしかないのです。

上を見上げるときに、どこか寝そべれる場所があったら最高です。

上から降り注ぐ美しさを身体全体で受け取ることが出来るのです。

日常において最高の癒しとなるのではないでしょうか。

このページの上に戻る