インテリアデザイナーのひとりごと

太陽と月


太陽にはパワーがあり、それを浴びるだけで、緊張が和らぐ。

心にぽっかりと穴が開いてしまったとき、全てから閉ざされた心地になって

身体の調子も落ちていきますが、太陽の前では心はそのままですが、

身体にはパワーが注がれます。

だから、気が付けば太陽の前を求めている。そういうことになります。

太陽は強大なエネルギーを放出しています。

このエネルギーを元に我々の地球では沢山の美が誕生しています。

我々地球と人類の活動を後押ししているのです。

心が閉ざされたとき、心は簡単に治らないけれど、

その周りの身体は太陽を受け取ることができます。

これを積み重ねることで、少しずつ心にもエネルギーが注がれます。

美しさも同様にして少しずつ、形が作られていきます。

月には安らぎが宿る。

月夜の下では、心に自然の息吹が入る。

太陽とは違い、月の下では閉ざされた心に直接あたらしい空気、神聖な空気が入ってきます。

鼻腔から胸の奥へと送り込まれるその空気で

人間は美しさの背後にある存在の確かさを認知します。

だからこれを知らない人は、月がきれいな夜に一人で夜空を見上げて欲しいと思います。

そして心にぽっかりと穴が開いてしまった人には、

少しずつ太陽と月と向かい合って欲しいと思います。

それがまず第一歩になると思います。

このページの上に戻る