インテリアデザイナーのひとりごと

四季


インテリアを考える上で、「季節」や「気候」は大切な要素になります。

春・夏・秋・冬。

日本人は、この季節ごとに色をイメージし、美しさをイメージし、涼しさや温かさをイメージします。

もちろん、始まりや終わりということをイメージすることだってあります。

季節ごとの美は、体内に影響を与えます。

身体は季節ごとに好みを変え、季節ごとに必要なものを得ていきます。

この身体全体の意向を汲み取って、インテリアに落とし込んでいく必要があるのです。

それが、心地良さや安心感を与え、美しさの伴うインテリアにつながります。

季節に応じたインテリアの配置。この事が、デザイナーには大変重要となりますが、

その一方で、大きな変化がインテリアデザインの世界に起こっています。

それは、グローバル化によるものです。

このグローバル化によって、インテリアは大きな進化をさらに遂げていくと考えています。

季節ごとにマッチしたインテリア、その土地の気候に合ったインテリア、

つまり、ナチュラルインテリアという方針が、美を獲得するために絶対的に欠かせないのですが、

各土地の気候にも十分対応可能な海外のインテリアを取り入れることが可能な時代となったのです。

有名なところでは、お近く中国や韓国、東南アジア諸国のアジアンティストのインテリアや、

アメリカ、あるいはヨーロッパ諸国の伝統的インテリア、北欧インテリアなど、

それぞれの良いところを取り入れることが可能な時代となりました。

必ずしも国内の伝統的ナチュラルインテリアだけが、最上位の選択になるかといえば、

必ずしもそうではなくなったのです。

さらに、技術が発達したことで、単にナチュラルなものだけでなく、

化学的な力を家具各所に取り入れることによって、ナチュラルさがさらに長持ちする、

ナチュラルインテリアを獲得することが出来るようになったのです。

四季を見据えて、国内のインテリア家具だけでなく、

各国のインテリア家具も選択範囲に取り込みましょう。

例えば、北海道や東北地方など、冬にかなり寒くなるような地域の場合、

世界に目を広げれば、北欧インテリアなどを考慮に入れることが出来るようになったのです。

ナチュラルインテリアショップ

ナチュラルインテリアショップ

10周年を迎えたナチュラルインテリアショップ。多数のナチュラル家具の他、系列店でも北欧インテリア商品やソファなど数多くの家具を取り揃え、品揃えと価格設定は格段に良心的なお店。

このページの上に戻る