インテリアデザイナーのひとりごと

部屋選び


色々な理由で新しい場所に引っ越さなくてはならなくなった時、

引越し先を決めるときにどのような視点で次の部屋を選ぶべきでしょうか。

私はインテリアデザイナーという視点から、

この点をどのように考えるかということを整理したいと思います。

まず、始めに大切になることは、その地域がどういう地域なのかということです。

地域社会の文化や、慣習など、気をつける必要のある地域ではないかどうか。

こういうことは、意外と大切です。

この点も含めて、陰鬱な空気が周辺に流れていないかどうか。

部屋を取り囲む地域全体の空気が、まず第一に大切だと私は思います。

それから、次に大切な点は、部屋にしっかりと日光が入ること。

空気の通りが良いことです。

その次は防犯上、問題がないこと。

それから、最後に飲食店などが近くに多くないことです。

商店街のすぐ横のマンションや、飲食店が多い場所は、

ゴキブリなどの害虫が多く住環境に適していません。

以上、4つの点を大切にしてお部屋選びをされるとよいと思います。

まとめると以下のようになります。

1、その地域がどういう地域なのか?部屋を取り囲む地域全体の空気に問題はないか?
2、部屋にしっかりと日光が入り、空気の通りが良いか?
3、防犯上、問題はないか?
4、商店街のすぐ横にあったり、飲食店が多い場所ではないか?

駅から近い場所がよいと言って、そのような場所にあるマンションなどは人気があるようですが、

実際の住環境を考えると、ちょっと立ち止まって何を優先にすべきなのかを

もう一度、考え直すことをお勧めします。

特に人生のかなり大部分を過ごすことになる場所を決定する際は、

色々な観点から、検討に検討を重ねられることをお勧めします。

このページの上に戻る